• MUMSAICについて
  • 鍼灸学術情報
  • 代田文誌関連
  • はりきゅうWebミュージアム
  • ヘルスリテラシー
Morinomiya University of Medical Sciences Acupuncture Information Center

代田文誌関連

第45回代田賞論文募集

 代田賞は、日本の鍼灸師によって行われた優れた研究に対して授与される賞です。鍼灸の発展のために尽力された代田文誌(1900~1974)先生の多大な遺徳功績を顕彰するために創設された代田文誌先生顕彰会(1975年設立、2006年解散)が、1977年から毎年代田先生の命日の9月25日に授与してきました。顕彰会が解散した2006年以降は、医道の日本社が事務局を担当し顕彰会の役割は代田賞選考委員会に移管されましたが、2021年より森ノ宮医療学園が事務局を担当することになりました。
 このたび第45回代田賞(2021)について、以下のとおり対象論文を募集いたします。なお、第44回(2020)については応募を締め切っていますが新型コロナウイルス感染拡大の影響等により選考作業が行われていませんので今回同時に行うこととし、第44回・第45回の選考結果を同時に発表することにいたします。
(2021年7月5日、森ノ宮医療学園出版部のサイトに代田賞のページが追加されました。詳細はこちらをご覧ください。)

 
要項
1.応募論文は、当該授賞年の前年に国内外の学術雑誌に発表したもの。自薦・他薦を問わない。本の1章でも可。
2.選考の対象は、以下の条件を満たすこと。
  1)日本の鍼灸師による研究
  2)患者や健康者を対象とした臨床的研究
  3)鍼灸の有効性・安全性・経済性・技術開発・社会的意義などに関する内容
3.研究の質、独創性、エビデンスの強さのグレードが参考とされる。ただし一例報告や質的研究などを除外するものではない。
4.選考委員の論文は選考対象としない。ただし指導者あるいは共同研究者であれば差し支えない。しかし、選考議決権を持たない。
5.共著者に非鍼灸師が入っている場合、各著者それぞれの役割を問い合わせることがある。
6.ランダム化比較試験とシステマティック・レビューに関しては事務局でPubMedと医中誌Webを用いた事前検索も行い、選考対象論文に含める。
7.選考過程において、選考委員会が審査のために論文に関する生データを請求して、著者がこれに応じない場合は、選考対象としない。
8.事務局は、著者の知的財産を保護し、著者の生データなどの管理・返却・消去を徹底する。
 2021. 4. 7.改定

授賞
1. 代田賞:1名。賞状ならびに副賞賞金30万円
2. 代田賞奨励賞:賞状ならびに副賞賞金10万円
 ・代田文誌先生の命日である9月25日以降に贈呈する
 ・受賞者氏名、授賞理由、および受賞論文(著作権所有者から転載許可が得られた場合)またはその抄録は、授賞後1年以内に森ノ宮医療学園出版部が発刊する『Tehamo』誌上に掲載する
 
応募方法
1.応募:自薦・他薦は問わない(応募論文は返却しません)。
2.応募書式:代田賞ホームページから所定の書式をダウンロードして必要事項を記入の上、論文のコピーおよびA4版1枚以内の論文要旨を郵送してください。 ※代田賞ホームページは現在作成中ですので、暫定的に以下の情報を記載した文書を添えてお送りください:氏名、所属、連絡先住所、電話番号、Eメールアドレス、論文タイトル、掲載誌名、掲載巻・号・頁、発行年、上記選考対象条件1)2)3)を満たす旨。
3.応募期限:2021年7月末日(必着)
4.提 出 先:
   〒537-0022 大阪市東成区中本4-1-8
   森ノ宮医療学園出版部内 代田賞運営事務局
   ☎06-6976-6889 E-mail: shirota-award@morinomiya.ac.jp