• MUMSAICについて
  • 鍼灸学術情報
  • 代田文誌カルテ
  • はりきゅうWebミュージアム
Morinomiya University of Medical Sciences Acupuncture Information Center

代田文誌カルテ

代田文誌カルテ

 代田文誌先生は明治33年(1900年)長野県に生まれ、青年期に重症の肺結核となりましたが、養生、精神修養、そして仏道信心によって回復し、それから薬草と灸療によって完全な健康体に戻りました 1,2) 。そののち鍼灸師の資格を取得して澤田健先生に師事した後は症例を踏まえた随筆や研究で世に知られるようになり、不朽の名著「鍼灸治療基礎学」「鍼灸真髄」などを発表し、鍼灸界の精神的支柱の役を担われました 3)

 東洋医学と西洋医学の両者を深く理解し止揚することによって新しい医学の在り方を求めた代田文誌先生の治療哲学 2)は、今日の日本鍼灸の拠であると私たちは考えています。そこでMUMSAICは、森ノ宮医療学園が所蔵しているドイツ語で記載された代田文誌先生のカルテ(倉島宗二先生寄贈)や日記(代田文彦先生寄贈)から読み取れる、時代に関係なく普遍的な教えを見出し、紹介したいと考えています。時間がかかりますが、少しずつ当Webサイトや出版物に掲載していく予定です。

    参考文献

  • 1. 代田文誌. 鍼灸治療臨床學. 日本書房. 1943: 271-307.
  • 2. 多留淳文. 代田文誌. In: 近代鍼灸界を支える人々. 有限会社村松. 1993: 117-135.
  • 3. 安雲和四郎. 寄贈資料からみた代田文誌先生の足跡. 日本伝統鍼灸学会雑誌. 2002; 209(1): 2-9.

代田文誌カルテ情報

  • 登録はありません