• MUMSAICについて
  • 鍼灸学術情報
  • 代田文誌カルテ
  • はりきゅうWebミュージアム
Morinomiya University of Medical Sciences Acupuncture Information Center

MUMSAIC’s Opinion

鍼の特異的効果(specific effect)

 ある治療によって疾病が治癒したり症状が改善したりした場合、関与している因子には、自然経過、プラセボ効果、非特異的刺激効果(服薬時の飲水や処置時の皮膚接触など)、そして特異的効果(薬剤の薬理的作用や処置の物理的作用など)があります。臨床の現場でいちいちこれらを厳密に分けることはありませんが、ある治療法が本当に効いているかどうかを検証する場合、自然治癒やプラセボ効果などを差し引いてもその治療法の効果(特異的効果)があることを確認する必要があります。
 
 薬剤のランダム化比較試験(RCT)では、プラセボ(偽薬)を服用した群と比較することによって特異的効果を検証することが可能です。これに倣って鍼のRCTでも、プラセボの代わりになるような様々な対照群の設定が試されてきました。鍼管のみを叩打したり、先端を丸めたカクテルスティックで叩打したり、切皮だけしてそれ以上刺入しなかったり・・・とにかく被験者(患者)が「鍼をしてもらった」と信じ込ませることにより、プラセボ効果が実際に鍼をした場合と同じくらい引き出せるような工夫が行われてきたのです。近年は、おもちゃのナイフのように鍼体が鍼柄にもぐり込んでいかにも鍼が刺さっているように見える偽鍼(にせばり)が開発され、RCTにしばしば用いられるようになりました。
 
 偽鍼を使うことによって、自然経過・プラセボ効果・皮膚に触れることによる非特異効果が発生する対照群を設定し、その効果を差し引いても鍼の特異的効果(鍼が刺さることによって得られる効果)があるのかどうか確かめたいというわけです。しかしこの臨床薬理学的発想で進められる研究手法については、偽鍼の信頼性と妥当性、臨床家からみたプラセボ効果の扱いに対する違和感、鍼が皮膚に触れるだけで惹起される生理学的反応など、様々な角度から多くの議論や反論がなされており、現時点で必ずしも最良の研究手法であるという合意に至っているわけではありません。
 
参考文献
1. 山下仁. 現代臨床鍼灸学概論 1.鍼灸の国際化とその条件としてのエビデンス. 理療 2009; 39(2): 12-16.
2. 山下仁. 欧米におけるAcupuncture事情と日本鍼灸の課題. 全日本鍼灸学会雑誌 2006; 56: 703-712.
3. 山下仁, 津嘉山洋. 国際化する鍼灸:その動向と展望(2)臨床研究方法論の問題と解決. 日本補完代替医療学会誌 2007; 4(1): 17-21.
4. Tsukayama H, Yamashita H, Kimura T, Otsuki K. Factors that influence the applicability of sham needle in acupuncture trials. Two randomized, single-blind, crossover trials with acupuncture-experienced subjects. Clin J Pain 2006; 22(4): 346-349.
5. Yamashita H, Tsukayama H. Minimal acupuncture may not always minimize specific effects of needling. Clin J Pain 2001; 17(3): 277.
6. Paterson C, Dieppe P. Characteristics and incidental (placebo) effects in complex interventions such as acupuncture. BMJ 2005; 330: 1202-1205.
7. Lund I, Lundeberg T: Are minimal, superficial or sham acupuncture procedures acceptable as inert placebo controls? Acupunct Med 2006; 24: 13-15.
 
偽鍼のひとつ Park Sham Needle
疾病治癒・症状改善に関与する因子
プラセボと偽鍼